2014年03月19日

『 ジョウビタキ遊びに来んか耕さん 』つけ句あそび575交心tx1908

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ つけ句あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

★ つけ句あそび575交心tx1908


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


ジョウビタキ遊びに来んか耕さん


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――




 

 > 啓蟄の田や鳥群れて餌探し   夢呼

 命賛歌の華やぎ浴びて   仁

 心地好い春日になって、ぼくもまた畦歩きをはじめました。
 歩行が一番の静養だという贅沢な余生を楽しませてもらいます。身辺りの畦もよく見て歩くと不思議いっぱいのワンダーランドですね・・・
 いっぱいいっぱい土筆もノビルも採ってきて夕食を彩ってくれます。

 ジョウビタキ遊びに来んか耕さん   旅仁


 ジョビと遊んで畑も仕事



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★★★  つけ句あそび575交心tx1306『 春風や老いて郷土の愛おしき 』 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  一行詩交心tx1702『 儚いから日日好日、夢色生きよう! 』 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  尻取り都々逸言葉遊び交心191−03『 ひとりでいてもひとりじゃないよ こころの空は星の空 』tx1707  へどうぞ!!! ★★★

 


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 
タグ: 俳句
posted by 老仁 at 19:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

『 逢えぬ幾年こころに向かい 面目坊に恋をした 』都都逸で交心tz0411

 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都都逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


 
 

★ 都都逸で交心tz0411

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


逢えぬ幾年こころに向かい

面目坊に恋をした


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 

 
 

☆☆☆ エンドレス・LOVEさんの『 傍に居たかっただけなのに・・ 』 への尻取り都々逸交心です。 ★★★





 

 

 > 逢えぬ幾年いつかは逢える
        合わすこの手にゃ愛がある   エンドレス・LOVEさん

 

        合わすこの手にゃ左にこころ
   右にいのちの念の珠   仁

 

 エンドレス・ラブ。
 そうなんですね、こころもいのちもエンドレスなのでしょうね・・・
 生々流転、空即是色・・・
 何も止まるものはありませんが、エンドレス、宇宙の営みはエンドレスなのでしょう。
 その宇宙の営みにシンクロする宇宙の子らの営みもエンドレスです。
 宇宙もその子らの営みもエンドレスな反復ですね。
 宇宙の子らの最末端の草木も鳥獣もそして人もやはりエンドレスなのでしょう。そのエンドレスな流れの源泉をこころと呼んだり、いのちと呼んだりしているのだろうと念えるようになってきました。
 源泉を同じくする宇宙の子らはそれぞれにシンクロし合い、交わり合うんです。
 いのちの交わり、こころの交わり・・・
 このいのちの交わり、こころの交わりをあいと呼んでいいのでしょうか・・・
 恋はあいへの熱望なのでしょうか・・・

 

 初夢のつづきを遊泳している鄙隠れ老仁の惚け呟きでした。
 笑って、ご寛容くださいね。

 

   いつかは逢えるまことのあいに
        こころ念じりゃみな弥勒   仁

 

 > 本来の面目坊の立ち姿一目見しより恋とこそなれ   一休

 

        逢えぬ幾年こころに向かい
   面目坊に恋をした   仁

 
 
 
 
 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 

★★★  都都逸で交心tz0402『 その上後家さ失うものも 無しの空っぽいざ什麼 』  へどうぞ!!! ★★★



 

 
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
 
posted by 老仁 at 16:29| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 都都逸で交心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

『 冬草の花のことばのやさしさよ 』徒然ネット吟行交心vk1008


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 徒然ネット吟行 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 
 

★★★ 仁のアルバム『 コラボフォト575『 雪の背を見せこんな富士あんな富士 』
 』 への徒然ネット吟行交心です。
 ★★★

 
 
 
 

★ 徒然ネット吟行vk1008


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


冬草の花のことばのやさしさよ


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――
 
 



 

 
 
 絵呼さん、交心ありがとうございます。

 ネット吟行交心ご賛同ありがとうです。
 とはいえ、ネット吟行と言っても大仰なものではなく、そのまんま575の交心です。見たまんま、感じたまんま、想ったまんまの575遊びです。


 詩心たっぷりの絵呼さんの写真も言葉もそのまんま575の心のようです。
 交心お願いできるとHappyですけれど・・・

 甘え序でに、
 コラボフォト575に写真をお借りできると無上の恍惚ですけれど・・・
 ご無礼ご寛容くださいね。


 冬草の花のことばのやさしさよ   仁


 花に交わり心交わる

 
 
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
 


★★★  一日一感動575交心vk1002『 満天の星を見んとて長楽寺 』  へどうぞ!!! ★★★


 

 

★★★  手に花を交心vk0701『 木枯らしや容れて屈せずおのが道 』  へどうぞ!!! ★★★
 

 


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 
タグ:俳句
posted by 老仁 at 23:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

フォト都都逸『 弥勒を生きるあんたとわたし 昨日も明日も恋弥勒 』

フォト都都逸『 弥勒を生きるあんたとわたし 昨日も明日も恋弥勒 』



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都都逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






 

 
 

★ 都都逸で交心v13s072908


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


弥勒を生きるあんたとわたし


昨日も明日も恋弥勒


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――
 





 

 
 

★★★ フォト都都逸『 焦がれ死ぬ身が夜叉にもなれず 愚魔女のままで泣き明かす 』 への交心です。 ★★★





 

 
 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 

★★★  都都逸で交心v13s072703『 嬉し恥ずかし都都逸唱や そこなあんたも恋弥勒 』  へどうぞ!!! ★★★
 


★★★  言葉あそび575交心v13s072210『 せめていちど声聞かせてよほととぎす 』  へどうぞ!!! ★★★


 


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 
タグ:写真俳句
posted by 老仁 at 13:34| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 都都逸で交心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

『 緑陰をなんとはなしに歩きをる 』老仁のそのまんま言葉遊び交心日録v13s070606

 
 

★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録 ★♪゜・。・。★

緑陰をなんとはなしに歩きをる
 
 
 
★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録v13s070606


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


緑陰をなんとはなしに歩きをる


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
 
 


01  長雨や古人と遊ぶばんか
01b 時を越えれば雨の楽しや


02  長雨の水面の水輪夢映す
02b 丘に采女の袖振るを幻る


03b さしぬきを足でぬぐ夜や朧月(無村)☆壺中の老のひそとはなやぐ


04  艶の夜をつれづれあそぶ梅雨ごもり
04b 真似てあそべばやがて秋くる



05  すずしさを心に遊べ臥遊人

05b 雨ごもりにも鄙ごもりにも


06  緑陰をなんとはなしに歩きをる
06z なんとはなしに昔おもいつ


07  さびしさに迷いきたるかなめくじり
07b 塩をまかれて消えゆくならい
 
 
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
 

★★★  徒然575交心v13s070602『 長雨の水面の水輪夢映す 』  へどうぞ!!! ★★★
 


★★★  TAO交心w13s070606『 緑陰をなんとはなしに歩きおる 』 へどうぞ!!! ★★★


 

 
★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんまで交心日録 ★♪゜・。・。★
 
 
posted by 老仁 at 15:31| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉あそび575交心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

フォト575『 一茶忌を姦しきほど鳴く蛙 』

phot575vt1606issakiwokasimasikihodo1y.jpg
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ フォト575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



 

 
 

★ 万葉集を遊ぶ交心v13t061606

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

一茶忌を姦しきほど鳴く蛙

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――
 





 

 
 

★★★  万葉集を遊ぶ交心v13t061606『 一茶忌を姦しきほど鳴く蛙 』  へどうぞ!!! ★★★




 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 

★★★  瘋癲老仁妄句v13t060409『 七変化拘り超えて恋遊戯 』 へどうぞ!!! ★★★


 

 
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
 
posted by 老仁 at 22:55| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

優游575交心v13y020602『 もの言わぬ雲の変態冴え返る 』

v13y020605mitesiganamumyotyoyanokarasunaku1s.jpg
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★ 言葉あそび575交心v13y020605


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


見てしがな無明長夜の烏鳴く


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 世上栄枯雲変態   世上の栄枯は雲の変態
 五十余年一夢中   五十余年は一夢の中
 疎雨蕭々草庵夜   疎雨蕭々たり草庵の夜
 閑擁衲衣倚虚窓   閑に衲衣を擁して虚窓に倚る    良寛


 古稀を迎えてもひとり虚窓に倚る良寛さんの心境とはほど遠い所にいます。
 真似良寛さんを遊びはじめてもう7年も過ぎたのですけれどね・・・遊びは遊び。真似じゃぁ心は大きくも虚しくもなりません。栄枯は雲の変態であるように、太虚も胡蝶の夢。
 砂場で子どもが夢中になって砂の塔を作るように、凡愚老仁も言葉あそびに熱中して、気がつけば、目前に閻魔さんが微笑んでいるのでしょうね・・・


 冬麗や畑耕し足伸ばす   仁


 雨は三余の575遊ぶ


 > 良寛0345 ひさかたの月の光のきよければ照らしぬきけり唐も大和も


★★★ 『 秋の野のみ草刈り敷きひさかたのこよひの月を更くるまで見む 』 へどうぞ!!! ★★★

 

  疑う心拘る情愛するほどに深入りす   仁


 見てしがな無明長夜の烏鳴く   仁


 迷いて夜叉の棲み家となるか


 > 世の中を なに嘆かまし 山桜 花見るほどの 心なりせば   清少納言


 > 心だに 誠の道に かないなば 守らぬとても 此方はかまわぬ    一休


 一瞬一生を命の常と思えば、昨日も朝も雲の変態。神頼みしようとわがままに生きようと、昨日と同じ夢のひと雫。
 形に拘らず、出来不出来に関わりなく、熱中して楽しめれば、文句なしのHappy人生と、笑って暮らすが命妙適というものでしょう・・・


 寒の月無明の海の小舟かな   仁


 好きの隙間に花と舞う夜叉


★ 優游575交心v13z010502


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


もの言わぬ雲の変態冴え返る


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――



 


 > 冴え返る空灰色に塗りつくし   遊呼


 雲も疑心も落ちることなし   仁


 遊呼さん、いつも交心ありがとうございます。
 言葉あそびそのまんま575で交心ができてHappyです。
 今朝も小雨。ごて作りの農作業もお休みです。


 もの言わぬ雲の変態冴え返る   仁


 突きぬけ空の色を遊ばん


 今から水曜会に参加してきます。

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★★★  都々逸で交心v13y020303『 恋の願いの天馬の如く失落園を駈け回る 』  へどうぞ!!! ★★★

★★★  言葉あそび575交心v13y020207『 磨きたきものの多さよ春立ちぬ 』  へどうぞ!!! ★★★
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
 
posted by 老仁 at 23:31| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉あそび575交心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

言葉あそび575交心v13z010404『 麦を踏む苦き若さの日々在りぬ 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★ 言葉あそび575交心v13z010404


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


麦を踏む苦き若さの日々在りぬ


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 

 青春というのは昨日を踏みにじりたくなる衝動の繰り返しかもしれませんね・・・
 希望も夢も大きいだけに、己の卑小さが口惜しくて消え入る思いに苛まれるのでしょう。
 多かれ少なかれ青春は挫折の主人公の追憶に占有されています。


 踏みにじる憶い切なし野の菫   仁


 きみの光りの目を眩まする


 「踏」は「足偏」と「沓」の形声文字で、音符は「沓とう」です。
 「沓」は「水」と「曰えつ」とを組み合わせた形。「曰えつ」は祝詞を入れる「口サイ」の中に「一」神の言葉が入っています。「沓」はその「口サイ」に水をかけ、口サイを汚して、祈りの効力をなくす意味です。「踏」はその「沓」を足で踏みつけて口サイの効き目をさらに踏み穢すことを意味します。その意味は「けがす」のほかに「かさなる」「むさぼる」にもなります。

 ついでながら、「習」にも「曰えつ」があり、その「曰えつ」を「羽」で撫でています。羽で摺って口サイの効力を高めるんです。その摺る行為を繰り返すことが「習」です。同じ行為を習(かさねる)ので、「習慣」「学習」の意味が生まれてきます。

 「踏」は踏みにじって、穢すことですというマイナスイメージですけれど、人々の願い、祈りは「口サイ」の中にあるわけですから、口サイそのものが踏みにじられるわけではありません。やはり邪悪なものが混じり込んだ口サイの効き目を水をかけて消すのでしょう。
 白川さんによると、<踏むことは古くは地震を鎮めるためのまじないの行為で、中国には足で踏む種々の民俗があった>そうです。   。。。『字解』p525


☆☆☆ 漢字物語0114『 「減」 水をかけ祈りの効果減らす 』 へどうぞ!!! ☆☆☆


 


 麦踏みも古代からあったのですね。「麦」の字にも「足」が入っていて麦踏みの象形になっているんです。カミさんの知恵を分かち合って協働で生きてきたんですね。「学習」の積み重ねが文化です。


 麦を踏む苦き若さの日々在りぬ   仁


 老の妙適微酔い佳境





★ 徒然575交心v13z010402
――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――
霜の草踏めば苦さの在りし日々
――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――
 > 036傷ついた右往左往の蹠を蚊帳吊草を踏みて労わる   秋人


 労りのこころにじみしきみが指思いつ踏みぬ霜の畦草   仁


 霜の草踏めば苦さの在りし日々   仁


 されどしみじみ追憶の糧

 想違いご寛容ください。

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  優遊575交心w12k120801『 雪国を思えど雪に躍りたる 』   へどうぞ!!! ★★★
 



★★★  優游575交心w12k120708『 相見んと念えど雪の深さかな 』  へどうぞ!!! ★★★


★★★  言葉あそび575交心v13z010102『 招福の詞念じて結び松  』 へどうぞ!!! ★★★

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
 
タグ:漢字
posted by 老仁 at 21:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉あそび575交心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

優游575交心w12k120301『 愚図のまま雪の畦道を歩く 』

w12k120301guzunomamayukinoazemitiwoaruku1y.jpg



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  優游575交心w12q092201『 野晒しをこころに今ここ秋の風 』  への交心です。 ★★★

★ 優游575交心w12k120301

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

愚図のまま雪の畦道を歩く

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 山人さん、はじめまして、老仁です。
 交心ありがとうございます。

 <別に好き嫌いではなく、心の中に直接入って来て。社会の中で弱い人間としての自分自身を問いかけているような、感銘をうけるのです>とおっしゃる山人さんの心と同じような所に老仁もいるようです。
 弱い人間として、社会から脱落しながら、それでも生きる糧を得て、どうにかこうにか生き残ってきました。弱いまんまで安心立命はないものか探そうとする時、山頭火さんの句は、すとんと、心に落ちてきます。
 今でも、つい、羨ましくなってきます。


 > 乞ふことをやめて山を観る    山頭火

 > 朝寒夜寒みななつかし    山頭火

 > こゝに住みたい水をのんで去る    山頭火


 若い頃は山頭火さんに憧れもしたのですけれど、そんな勇気も体力もありませんでしたので、そのうち遠ざかっていました。最近また身近に感じるようになって、手元に句集を置いて、拾い読みしています。
 どこでもいい気ままにページを開いて読むんです。うん、うん、やっぱり肯いています。


 > だまってあそぶ鳥の一羽が花なのか   山頭火


 < 造化にしたがいて四時を友とす、見る処花にあらずということなし、思う所、月にあらずということなし>   芭蕉


 山頭火さんも芭蕉さんの真似をしたのでしょうね。芭蕉さんの真似をする人は多いですけれど、山頭火さんはなりきり芭蕉さんになったのかもしれません。山になり、寒になり、鳥になり、自然はみんな友であり、そして花にあらざるはなし、なんです。


 > 今年も今夜かぎりの雨となり    山頭火


 > このまま死んでしまうかも知れない土に寝る    山頭火


 > 九年まで坐禅するこそ地獄なれ虚空の土となれるその身を   一休


 凡愚老仁は、真似一休さんを言葉あそびするようになって、山頭火さんのようになりきり芭蕉さんにならなくてもいいということを知りました。
 自分の安心立命は自分の命そのものです。


 > ぞうきんがけしている男の冬   山頭火


 若い頃の一休さんと重なりますね。修行中の一休さんは京の街まで出かけて、人形作りなど内職しながら師匠華叟さん一門の暮らしの面倒を見ます。とても楽しそうです。酒肆婬坊にも遊びます。
 謄謄と、軽々と生きているんです。


 愚図のまま雪の畦道を歩く   仁


 畑耕しもんつきと黙って遊ぶ   仁


 山人さん、交心が嬉しくて、つい、身勝手なお喋りをしてしまいました。



 ご寛容ください。



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★  優游575交心w12m112902『 小春日の心地明日を忘れけり 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★  言葉あそび交心w12m112201『 寝ても夢醒めても夢よ冬の月 』  へどうぞ!!! ★★★

 

★★★  つけ句あそび575交心w12m112102『 任天真風なき日にも散る銀杏 』  へどうぞ!!! ★★★


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
 
posted by 老仁 at 23:24| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

優游575交心w12m112902『 小春日の心地明日を忘れけり 』


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


☆☆☆ 雪呼さんの、『 小春日・雪呼 』 への交心です。 ☆☆☆

★ 優游575交心w12m112902


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――



小春日の心地明日を忘れけり



――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

 
 > 心地よき陽に恵まれし小春かな   雪呼


 ほっと至福の時のはかなく   仁

 小春日の心地明日を忘れけり  仁


 今ここ心地抱けば安し

 寒の迫り、ご自愛ください。


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★★★  言葉あそび交心w12m112201『 寝ても夢醒めても夢よ冬の月 』  へどうぞ!!! ★★★


 
★★★ 今日のそのまんま575で交心w12年11月20日『 いついつと待ちぬ枯れ葉を踏んで来い 』  へどうぞ!!! ★★★



★★★  青のくさみ「森女」遊泳2101『 身を捨てて月と言葉を遊びけり 』w12p1029「 0863 」  へどうぞ!!! ★★★

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
posted by 老仁 at 11:09| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ句あそび575交心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする