2005年07月23日

南阿蘇、阿蘇外輪山のドライブ

 17,18日に阿蘇、高千穂峡とドライブしてきました。
 この季節どこもここも緑がいっぱいでグリーン浴で元気貰えますね。心がすっかりフォーマットされて素で生きる力が溢れてきます。


 

阿蘇大橋を渡るとすぐ左手に創作料理の店がありました。山野草や樹木が豊富にあってすっかりお気に入りになりましたよ。おすすめです。
 そこに咲き始めたばかりのムラサキシキブの花が密やかに老仁を誘い込んでくれました。ゆっくりお話ししたかったのですけれど、ちょっと挨拶して、食事をさせてもらいました。創作の茶器に山野草がテーブルの膳ごとに活けてあります。とても感じのいい店ですよ。
posted by 老仁 at 17:10| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

ハナイカダの実

 南阿蘇国民休暇村の野草園を久しぶりに散策しました。初夏の花の終わりで、花は少なかったけれど、ハナイカダの実が見事に熟れていました。久しぶりに生きのいい実に会えてうれしいですね。

 
 
 なぜか、絵が出ませんね・・・。

 『ハナイカダの実』 で見てくださいね。

 昨年は民宿でハナイカダの天ぷらを食べさせてもらって感動しました。
 時ちゃんっちのハナイカダももう熟れた頃でしょうね・・・。

『南阿蘇野草園の花』へどうぞ!
posted by 老仁 at 12:44| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

草の命に驚くばかり・・・

やっと梅雨らしく集中豪雨さえ降らせ始めました。3週間も降らせないで、今度は集中豪雨。
 各地相当の被害ですね。自然とつき合っていく知恵をもう一度考え直していくひつようがあるのかもしれません。
 自然の中で自然のエネルギーを頂いて生きているのですよね。殺すエネルギーには知恵で対応することしかないのでしょうね。
 コンクリートでエネルギーを封鎖してしまうことはもうできないことでしょう・・・。
 昼前の一時、雨上がりの隙に、庭の草を取りました。あっという間に繁茂します。
 魔呼が「根からちゃんと採っていたのに」と不平。「草を取れば採るほど、土中の種さん達が我先に芽を出そうとわっと発芽するんだよ。目に見えないけど土は命で溢れているんだよね」
 1時時間もせず、また、降り出しました。雨の日でもヤブ蚊は体にまとわりついてきて、しぶとく血を吸っていきます。
 雨は恵であることを忘れないようにしたいものです。

 『お父さんなんていらない存在っ!』へどうぞ
posted by 老仁 at 15:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

薬草園の便り待ち

 鈴音さん、薬草園のある学園で勉強してるんですね。羨ましいなぁ。勉強で薬草さん達とおつき合いできるなんてほんと羨ましい。どんな薬草があるのかとても知りたいです。無知だから。少しずつでいいから薬草さん達のお話もBLOGで紹介してくださいね。
 木乃実さんが女力を宣言しました。原始女性は太陽であった、というあの太陽力でしょうね。女力、太陽力と薬草力はつながっているんですよね。薬草力を鈴音さんから分けてもらいたくなりました。老仁はタンポポ力はずっともらってきているんです。老仁力はタンポポ力です。
 鈴音さんが新しい世界に入ったことはそれだけで新しい鈴音さんになっているんです。順応力も変革力も今じゃ鈴音さんの特技になったということができそうです。それだけの体験を積み重ねてきたんです。「底の底まで 落ちなかったら 光など求めなかったさ」・・・そして、光になれる鈴音さんがいる。木乃実さんもお天道さんになったり、龍さんになったり、ステージアップがめまぐるしいです。でも鈴音さんは鈴音さんのペースでステージをプロジェクトしていってくださいね。薬草さん達のお話楽しみです。

 鈴音さんのBLOG薬草園

 木乃実さんの原始の女力
posted by 老仁 at 19:56| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

花菖蒲園

土曜日宮地岳神社の花菖蒲園を見に行ってきました。その日は久しぶりに南阿蘇辺りをドライブするつもりでしたが、朝、魔呼がテレビで宮地岳神社の花菖蒲園のニュースを見て、即予定変更したのでした。ここは初めてのスポットで、時期もちょうど見頃でした。
 帰りは箱崎宮の紫陽花園を見ました。2時に園内でバイオリンの演奏会があって、とても良い感じの時間を過ごすことができました。

『壁紙 バラ01』
 『壁紙 花菖蒲01』



 『戯夜夢 一期は夢よ、ただ狂へ   ――閑吟集―― 』
 を訪問してきました。「哲学」する人のBLOGです。老仁の思考回路に新しい刺激を注入できそうですね。BLOGサーフィンの楽しみを広げていきたいと思います。人との交心・交流が成り立つには無知な老仁ではちょっと無理かなぁとも感じつつ、果敢に、未知の世界に挑戦していくことにしましょう。

 < 「人間は自由に呪われている」というサルトルの言葉を懐かしく思いだしました。サルトルを読んでいた日々があったと・・・。悟りも遠く、自己実現も遠く、快も不快もごちゃまぜに生きてきた日々・・・それらの日々を今HAPPYだったと感じています。小さな小さな世界でもHAPPYであることを知ることができました。
 はじめまして、仁といいます。懐かしくて、幸せで、コメントしてしまいました・・・。
Posted by 青柳仁 at 2005年06月05日 20:37
>というコメントを残してきました。
 花さん達との出会いや未知の人との出会いがたくさんの幸せをもたらしてくれますように・・・。
posted by 老仁 at 20:13| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

ユリの木の花が咲いた

 魔呼が部屋から呼びます。雀の巣落としかなとおもっていると、窓を開けて、ユリの木を黙って指すのです。指す方を見ると、なんと、驚き、そこにユリの木の花が咲いていました。目を移すと、ここにもあそこにも咲いています。魔呼は一人感動していたのでした。 このユリの木は老仁が筑水高校に転勤したとき、校庭を散歩していて、珍しい未詳の苗木が芽を出していたのを抜いて、家に植えていたのでした。もう15年も前の話です。成長が良くてあっという間に大木になりました。葉っぱが大きく、風に当たるとざわざわとうるさいくらい騒ぎ立てます。台風のときの騒ぎようは一入です。何度も枝を切り落としてもらいました。そのユリの木が15年目にして花を咲かせてくれたのでした。ただただ感動ですね・・・。


 

ユリの木の花
posted by 老仁 at 11:39| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

花さん達とおつき合いのスキルが欠如

 庭の花のえごの花と五月梅が沢山花を咲かせています。
 えごの花は台風で乱されて、昨年随分と返り花を咲かせたので、今年は不作だろうと思っていましたが溢れるように花をつけています。
 黒椿が衰弱していたので、花壇の土の軟らかいところへ移植してみました。夏の日照り前に移植したのですけど、大丈夫かなぁ・・・。樹医さんになるくらいの心がないと植物さん達とおつき合いできませんよね・・・。もう花さん達とのおつき合いに専念しようかなぁとも考えてしまいます・・・。小私寡欲。ひたすら花さん達と・・・
posted by 老仁 at 23:33| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

『庭の花 2005 春』

  『庭の花 2005 春』 
 を更新しました。黒椿や、海棠をアップしています。
 野歩きができないでいます。
 野歩きの情報、写真など教えてください。
posted by 老仁 at 00:02| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

黒椿

 黒椿 3  黒椿 2
 庭の黒椿が咲き始めました。
 昨日の雨で、もう哀れに散り始めもしました。
 
posted by 老仁 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

連翹の唄い雪柳踊りけり

 花の季節になりました。
 野歩きがしたくて体も心も飛び出しそうです。

 連翹の唄い雪柳踊りけり   仁

 仁の心も躍ります。

 『樹木の花 05 』をアップしました。訪問してみていただけるとHAPPYです。
posted by 老仁 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。