2007年08月07日

つながり合える心

gogyo844a3madajinnonakanimo1b.jpg




――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

つながり合える心

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 まだ、仁の中にも、ふぅとつながり合える心あるよ。
 まだ、仁の中にも、Cooとつながり合える心あるよ。

 けれど、無力だね・・・

 けれど、仁は、つながり合っていると信じていくよ。
 けれど、仁は、あいしているよ、ふぅ。




雷 ★★★ 『 夢を語りつづけよう 』 ♪♪♪ 雷
 




〇-----*****************************************-----〇

★★★  『  虹 』     by ふぅ
♪♪♪  

★★★ 『 信じれば信じることを起こすのみゆっくりゆっくりこの道を行く 』瘋癲老仁妄詩 2001
♪♪♪  

★★★ 『 空蝉の小さき世界に満たされる 』
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇
posted by 老仁 at 15:16| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

ジェラシーもハイビスカスも愛の花

fuyoP9094677.jpg


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

ジェラシーもハイビスカスも愛の花

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

瘋癲老仁妄詩 0803



paiko0803jerasimo1c.jpg



〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 夏の夜の夢や愛呼を抱いてをる 』瘋癲老仁妄詩 0802
♪♪♪  

★★★  『 新しい星呼が始まった日 』
♪♪♪   

★★★  『 宇宙の、ど真ん中に立って 』   by 光呼
♪♪♪   

〇-----*****************************************-----〇
posted by 老仁 at 13:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

2006年12月28日

草の命 ★ 五行歌

gogyo999isikorono2.jpg

石ころの道に
花が咲いているよ

踏まれて育つ
草があるんだね

草の命は不思議だね








カメラ カメラ


 




タグ:img
posted by 老仁 at 12:48| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

いつまでも地を彩れるトキワハゼ


 トキワハゼでしょうか・・・
 本当に小さな、可憐な花ですよね。蝶よりも小さいので蝶は停まって蜜を吸えるのかしら・・・おしべもめしべも小さいですよね・・・

 命の不思議はちゃんとそれでも受粉して命を受け継いでいくのですね。感動です。


 いつまでも地を彩れるトキワハゼ


 上手に撮れましたね。
 感動です。
 老仁はこんなにいい写真撮れません・・・
 撮ってみたいですよぉぉぉお。

 よぉぉおし、挑戦してみよう!




『 秋風やバリア外せば心爆ぜ 』
 

 『 コスモスやわが凋落を恐れつつ 』


『 病得てかくもコスモス親しみぬ 』
 

『 コスモスのゆらぐ狭間を吾遊ぶ 』




 
posted by 老仁 at 19:20| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

『 関わり 』      by 星呼


ken862e8csz.jpg


『人とかかわり

寂しさを覚えて

嬉しさを覚える

幸せにもなり

つらさも感じる

見上げた空には

いつも同じ事を思う

この空の下

いつまでも一緒に居ると』



愛しても愛しても

届かない思いを重ねて

いつしか

大きな

力となり

大きな幸せをうむ

沢山の悲しみを乗せて

いつしか

沢山の喜びをうむ

いつしか

大切な人ができ

いつしか

かけがえのない人と関わる

かけがえのない人ができて

永遠の恋を誓う

時には

喧嘩もし

時には

自分を責めあう

いつしか

約束も

果てていく

涙とともに

すべてが流れ落ちてゆく

人と関わることを

避けていき

いつしか

独りぼっちになっていた



 『 関わり 』 by 星呼 より
 


ken862e5cwz.jpg




 『 自分 』       by 星呼


 『 未来に輝けるものある? 』 by 仁



 『 空と私 』       by 光呼








posted by 老仁 at 14:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

《要求》  by 月湖

《要求》  by 月湖


誰もいない空を
いつまでも一人で
飛んでみたい

夜空に輝く星となって
誰かの目印になりたい…


だけど
一番の要求は…

あの空の様な
おおらかな心が欲しい…


そうしたらすぐ近くで
誰かが泣いていることを
苦しんでいることを
知っていても

大らかな水色と
ふわふわの白色で
包み込んであげれるから

そぅしたらお互いに
苦しみ合うことなんかないでしょ?


空よ
私の想いを受け取って。

貴方の様に
おおらかな私になって
苦しみ泣き続ける人々を
包み込みたいから…
癒したいから…


posted by 老仁 at 21:42| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする