2008年05月08日

引き抜いて許せはないね蛍草

syaku0801701hikinuiteyuruse1y.jpg





 ★ 写真俳句 0801701

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

引き抜いて許せはないね蛍草

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 仁は荒れ放題も大好きなんです。
 心がほっとするんです。

 庭だって、雑草ぼうぼうの鬱陶しくらいの暗がりがいい。

 なのに、家人は、それが嫌い。
 きちんとしておかないとダメ。
 だから、草取りしなければ・・・

 狭い庭の植えに、雑草が出ないように、タイルはっているので、花壇と垣根の隅くらいですけれど、放っていると、それでも、草茫々。


 それにしても、草さんの命力はすごいですよね。
 草取りしながら、いつも、感動もらっているんです。
 草は、取れば取るほど、溢れるんですね。大地には、発芽を待っている無数の種さん達がいるんです。発芽は、早い者勝ちなんでしょうね。のんびり、ゆっくりのようでも、すごい生存競争があっているんです。生きようとしなければ、生をもらえないんです。



99cniP085068164ma.jpg


 なんでこんな所に生えてくるの?
 引き抜かれなくてもいいところに生えなさいよ。

 ちょっとした隙間、
 ちょっとした割れ目にだって、草さんは、芽を出すんですね。

 水気もない砂だらけの庭に、蛍草さんが、這うように生えています。
 庭でなければ、むしり取らないのですけれど、玄関先だから、真っ先にむしり取るんです。こんな所じゃないと生えないのでしょうね。低く、這うように生えるので、他の草さん達が嫌うところがいいのでしょう。
 むしり取ると、プチプチ音立てるんです。手に触れるだけで、種を飛ばすんですね。あるかないかわからないような花。そして、あるかないかわからないような種子。草取りするから、子孫を残せるんでしょうか・・・


 命は生き延びる戦略を持って、強かに生き延びていくんですね。



99dniP084150338ma.jpg


 「雑草」さんは、庭ではむしり取られますけれど、
 花さんは、少々変なところに生えても、むしり取られることはないんですね。

 好みではありますけれど・・・



 草取りや己の定めを呪わば呪え






posted by 老仁 at 14:10| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。